東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーに、それぞれ臨場感のある立体映像を楽しめるアトラクションなどの新たなアトラクションを導入すると発表しました。
新たな施設で魅力を高めていくことで、集客力の向上を狙うといいます。
2008年度のディズニーランドとディズニーシーを合わせた入園者数は2722万人と年度ベースで過去最高だったそうですが、次々と新しいアイデアを打ち出す姿勢は参考にしたいですよね。
さて、大分県が調査したGW期間中の日田市内のホテルの利用者は、前年比16パーセント増と好調だったことが判明した。
国の重要伝統的建造物群保存地区の景観を生かす電線地中化工事が完了して初めての大型連休を迎えた豆田町でも、東京など九州外のナンバーが目立地、人どおりも去年より2割ほど増えたという。
その一方で、福岡-日田間で一日49往復の高速バスを運行する「日田バス」では、売り上げが前年比3割減に落ち込んだ日もあったという。
おまけにマイカー利用者の増加で都市圏の渋滞がひどく、最大1時間の遅れが出るなど踏んだり蹴ったりという結果となってしまった。
高速道路1000円利用が良くも悪くもいろんな形で経済活動に影響を及ぼしていますね。
次は夏休みと9月の5連休でどのような動きが見えてくるのでしょうか。楽しみですね。
これを追い風に観光客をいかに呼び込んでいくのか。日田という立地を考えた時に高速道路を利用しての入り込みが過去にも増して多くなるはずです。
さらに魅力ある日田をお見せして、多く方に日田に来ていただきたいものです。
2週間後の5月23,24日は川開き観光祭です。日田市で一番大きなイベントですから、今年はさらに盛り上がることは間違いないでしょう。
皆さん2日間で一万発の花火ご覧になりませんか。