今日、1月7日は「七草」です。この日は五節句の最初、「人日(じんじつ)の節句」にあたります。
昔、中国には元日から六日までの各日に、獣畜をあてはめて占いを行う風習がありました。
元日には鶏を、二日には狗(いぬ)を、三日には羊を、四日には猪を、五日には牛を、六日には馬をというように占っていき、それぞれの日に占いの対象となる獣畜を大切に扱いました。
そして、新年の七日目は人を占う日にあて、人を大切にする「人日」という節句としました。また、この日は七種類の若菜を入れた温かい吸い物を食べて一年間の無病息災を祈る日でもありました。
現在まで伝わる一月七日に七草粥を食べるという習慣は、もともと日本に合った、七種類の食材で作った粥を食べて健康を願う風習と、正月に若菜を積む習慣とが、中国から伝わった「一日」の習慣と混じりあって、人々の間に根付いたものです。
この風習はお正月の飲みすぎ、食べ過ぎによる胃腸の疲れを休め、春の光を待ちわびて芽吹く緑黄色野菜のカロチンやビタミンの栄養といろいろな薬効を体に取り入れる先人の優れた知恵でもあります。
ところで七草を言えますか。「せり、なずな、ごきょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ」で七草となります。
      IMGP0572.JPG  IMGP0574.JPG IMGP0576.JPG    
ここで問題です。左から順番に七草を当ててみてください。メール到着順に全問正解者3名の方に鯛生金山の砂金採り体験付きの入場券を贈呈させていただきます。
なお、左から4種類目は上と下2種類の野菜となっていますから、①、②、③、④上、④下、⑤、⑥記載して回答してくださいね。
この行事のために七種類の野菜を栽培している農家があります。セリ以外はこの七草のとき以外にはほとんど利用されることはないのだそうです。ありがたいですね。
先人の知恵をいただき、新たな知恵を絞り出して、後世に伝えて言かねばなりませんね。